「PLAID ALPHA」について

「PLAID ALPHA」について

ALPHA(α)という言葉には、 ”物事の始まり / α版(初期検証版) / +α” などの意味や使われ方があります。

PLAID ALPHAは、顧客およびプレイドにとって、新しい価値(桁の違う成長)を創りにいくということをコンセプトにした事業&チームです。

■サービスサイト

顧客およびプレイドにとっての新しい価値とは?

プレイドの提供するKARTEシリーズは、主にデジタルマーケティング領域においてのカバレッジや各プロダクトの質も高く、特に「KARTE」は良くも悪くも”何でもできる汎用性”があります。

その一方で、以下のようなデジタル人材が社会に不足していることは、顧客にとっての大きな課題でもあり、プレイドのプロダクトが導入・利用されて価値を創出する上での課題でもあります。

  • データやテクノロジーの活用で何を目指すか、どんなツールをどのように使うかなどの戦略・設計を考える人材
  • 考えた設計・戦略をどのように実装・改善するかなどの実行する人材
  • 2023年9月期第4四半期決算説明資料
    2023年9月期第4四半期決算説明資料_当社を取り巻く環境(P31)より抜粋
    参考 : 顧客体験の向上を志すお客様からの、我々SaaS業界に対するご意見例
    • ツールがほしいわけじゃない顧客体験向上やLTV向上を成し遂げたい
    • ツギハギのプロダクト体験、プロダクト改善は本国マター
    • 導入期間が2年?導入コスト1億?それだと検討の俎上にのらない
    • 顧客戦略から運用、製品・アーキ策定から導入まで一気通貫でサポートしてほしい
    • マーケティングツールが世に乱立しすぎて選べない
    • 導入よりグロースのほうが100倍大事なんだよね

そのような状況においてプレイドでは、PLAID ALPHA含む「プロダクト × ヒト」のハイブリッドモデルでのアプローチを、事業上の強みかつ今後の戦略の柱の一つとして、注力することを打ち出しています。

2023年9月期第4四半期決算説明資料
2023年9月期第4四半期決算説明資料_戦略の方向性(P44)より抜粋

PLAID ALPHAは、”プレイドの価値提供のあり方”を大胆に拡張する役割が期待されており、本役割を通じてプレイド全体の成長ステージを大きく引き上げることを求められています。

2023年9月期第4四半期決算説明資料
2023年9月期第4四半期決算説明資料_当社の強み(P41)より抜粋

事業概要

企業の顧客中心経営 : CX (Customer Experience)経営を実現するパートナー事業 = KARTEシリーズを中心とした、コンサルティング・インテグレーション・グロース&オペレーションを提供する総合プロフェッショナルサービスです。

具体的には、以下の役割などを担います。

  1. コンサルティング : クライアント企業がどのように顧客を理解すべきか、体験を設計すべきか、どのようなデータを取得・活用すべきかなどの企画・提案を担うコンサルティング領域
  2. インテグレーション : 理解/体験設計に基づき、どのようにデータ取得・活用をすべきか、KARTEシリーズを中心にしたシステムおよび体制面も含めた要件定義や設計、プロジェクトマネジメント、運用体制構築・実装などを担うインテグレーション領域
  3. グロース&オペレーション : システム導入後のビジネスグロースのための実運用、テクニカルサポート、体制構築などの支援や代行などを担うグロース&オペレーション領域
  4. ソリューション : 顧客ビジネスおよび支援における各フェーズで生じる課題に合わせて、外部パートナーサービスとの連携も含むソリューションの提案・開発・実装を担うソリューション開発領域
image

PLAID ALPHAの事業面の特徴・強み

“マルチチャネル × 解析基盤 × 統合DB”といったプロダクト群の開発・提供、”国内最大級の1st Party Customer Data”の保有が自社内で完結していることにより、

シムーレスな体制で円滑に、さまざまなコストを最適化し、あらゆる顧客課題に本質的にアプローチするプロジェクトが実現可能 です。

  • 構想が絵に描いた餅にならない。プロダクトの改修やカスタマイズも含めて、柔軟に実現できる可能性が高い。
  • 自社プロダクトやCX領域に精通した専門人材が介在すること、企画・導入・運用といった各フェーズの対応やプロダクトサイドとの連携などの多くが社内で完結することで、導入期間やトータルコストを相対的に短く/低く提供できる。
  • KARTEおよび顧客ごとに蓄積される独自データの活用拡張性が高い。

■マルチチャネル × 解析基盤 × 統合DB 統合的なデータ取得、およびパーソナライズされた多面的なデータ活用アクション = 最適な顧客体験の提供が可能なプロダクト群を自社で開発・提供している。

image

■国内最大級の1st Party Customer Data 膨大かつ独自のデータを保有している / できる基盤がある。

2023年9月期第4四半期決算説明資料
2023年9月期第4四半期決算説明資料_当社の強み(P36)より抜粋

PLAID ALPHAの組織

現在、以下の2つのチームが相互および社内外と連動して、事業を進めています。

1. Service Team

Service Teamは、広告代理店やコンサルティング会社、システムインテグレーター、スタートアップなどの経験を持つメンバーが集まっています。職種は、プロジェクトの成功をプロデュースし統括するProject Innovation Manager、デジタル/ITコンサルティングや導入推進を担当するMarketing Solution Architect、データ分析に基づく価値創出のスペシャリストであるMarketing Data Analystの3つです。20代後半から30代半ばのメンバーから構成され、クラウドネイティブやデータネイティブ世代が多くを占める比較的若いチームです。

2. Solution Team

Solution Teamは、特定業界・業務向けのソリューションプロダクトを企画・コンサル・導入・運営していたチームが前身の組織です。

(参考_1)社内の主要関連チームとの役割分担整理の想定

クライアントへのKARTEの価値提供プロセスにおけるチーム間役割分担は以下を想定しています。

image

PLAID ALPHAで働く

PLAID ALPHAには、以下の3つの役割があります。

image

実働イメージ

社員は、PM/リードPMO/リードエンジニア/ベンダーマネジメントなどの高付加価値業務に集中

image
プロジェクト体制例
導入系プロジェクト体制イメージ
導入系プロジェクト体制イメージ
グロース/運用系プロジェクト体制イメージ
グロース/運用系プロジェクト体制イメージ

キャリアパス・求める人物像・働く人が感じる価値

キャリアパスイメージ

大きく4つのコンピテンシーを軸に、縦に伸ばす・横に広げるを本人の志向に基づき自由にストレッチすることを想定しています。

image

求める人物像 : チーム内の行動規範(dos and don’ts)

2023年にチーム内で議論したPLAID ALPHAメンバーに求められる行動規範。プレイド(企業)としてのコアカルチャー要件に加えて、以下のようなプロフェッショナルファームのような要素がコア。

  • クライアントバリューへのこだわり
  • 圧倒的なオーナーシップ(自分ゴト化)
  • CXにおける高い専門性 など
  • image

働く人が感じている価値

プロダクトを自社開発していることで、構想が絵に描いた餅にならない。プロダクト ✕ 人、及び、工程一気通貫で顧客に本質的な支援・価値提供ができる。
  • 導入プロジェクトを推進する中で、製品起因で柔軟な開発ができる。顧客の要望を満たすためにプロダクトの改善やカスタマイズも含め柔軟に対応することができ、導入時から顧客のビジネス貢献に直結するシステム構築をすることができる。
  • 様々なプロダクトがあるかつ連携することで顧客課題に対して最適な様々な方法を提案することができる点。顧客だけでなくその先のユーザーのことを真剣に考えることができる・考える必要がある。
  • 外資やプロダクトを持たないコンサルを経験していると、物理的にも関係性的にも近い自社の人たちがプロダクトを開発しているということが、当たり前だが良いポイント。
保有するプロダクト・データが面白い。
  • 自社でサービス開発・提供を行っていて、それらが本気で取り組みたいと思えるプロダクトである点。あらゆるデータを取得し、サイト外への活用・アクションがシームレスに&全体的に設計・実行でき、本質的な顧客貢献につながる。
  • プロダクト(KARTE)に溜まっているデータのユニークネスや活用価値・魅力・可能性。表現(レポーティング)が苦手なところはあるが、データを取る自由度が高い。人がやらなきゃいけないことが多いが、それが可能性でもあり、データ活用の妄想が膨らむ。
事業立ち上げ、これから注力強化していくフェーズであること。
  • PLAID ALPHA事業をこれからより注力していくことやその必要性が全社的に認識され、周辺部署からの期待や連携の機会・引き合いも、大きく・多くなってきている。
  • これから拡大を本格化する事業フェーズであること。未決定・未着手な部分も多く、それによる苦労ももちろんある。逆に、メンバーレベルでも扱える案件や役割のサイズ感や裁量が大きく、例えば通常シニアが扱うような提案書設計にも能動的に噛める。自分が取り組む業務の質的なステップを次々上げていける感覚がある。
前職の経験を活かした上でジェネラルさ&幅の広さを身につけられる。
  • 自身の提供価値をインプリPMから上下流に拡張したい。さらに上流の領域、経験が浅い領域にもチャレンジできることが魅力。
  • キャリア形成において特定の領域だけでなく、プロマネ・コンサル・エンジニア・データ系など、幅広くチャレンジすることができる点が魅力。
フラットかつ主体的に動けるカルチャー・環境。
  • カルチャー面でも上位下達でなく、組織横断でフラットな環境にも魅力を感じる。
  • 組織文化としては、手を上げることをよしとするカルチャーが好き、歯車というよりは自分が主体的にハンズオンで進めることが好き。
  • 自分で手触り感持ってデータを扱う、それをお客さんとPjを動かしていく。当事者感を持って働けること。
  • 入社以前に思っていた以上にやって良いこと、やれていることは幅が広い(やってはいけないことが少ない)。意味があることであれば、個人の想いや個別客の要望が起点であっても進められて、対社内にも幅が広くアクションできる。

事業責任者インタビュー